猛打賞デビューのDeNAグリエル 評論家が見た「潜在能力」

公開日:  更新日:

「非常に満足しています。声援ありがとうございます」

 DeNAの新助っ人・グリエル(30)が8日の楽天戦、「3番三塁」で一軍デビューを果たし、走攻守で躍動。お立ち台でさわやかな笑顔を振りまいた。打っては二塁打を含む3安打の猛打賞。守備では軽快なスローイングに加え、走塁でも一塁から長打で一気に生還し、足でも魅せた。

 中畑監督も、「自ら打線に勢いをつけてくれた。もっている選手。守りもいいし、脚力もある。普段は練習してないのに。凄い戦力になる」と、ご満悦だった。

 来日時には「日本食が口に合わない」と話すなど、日本の環境に順応できるか不安視する声もあった。打撃練習で血豆も作り、中畑監督も練習不足を心配していたが、ひとまず「雑音」を吹き飛ばす活躍だった。

■セペダの打撃とはどう違う?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る