• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついにスタメン落ちも…原監督がセペダを見切れない理由

ついにスタメン落ち

 中南米の野球事情に詳しいセ某球団関係者はセペダについて、当初からこう言っていた。

「期待通りに活躍してくれればいいが、問題は結果が出なかったとき。相手はキューバ政府公認の助っ人。獲得した、というより、ゆずってもらった、という側面がある。今後の選手獲得のパイプを維持するということを考えれば、仮にダメでもむげにはできない。打てないからといって、ベンチの置物にしたり、二軍でやり直させたり、そういう方針がとれるのか。セペダを獲得した巨人はこれからが大変ですよ」

 そのキューバ代表4番打者のセペダ(34)が、8日のロッテ戦でついにスタメンを外された。ここまで18試合で打率.170、3本塁打、11打点。

 デビュー戦から4番で使い続けてきた原監督も、さすがに我慢の限界に達したということだろう。前日7日の西武戦の七回にはセペダに代打・中井を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る