ついにスタメン落ちも…原監督がセペダを見切れない理由

公開日: 更新日:

ついにスタメン落ち

 中南米の野球事情に詳しいセ某球団関係者はセペダについて、当初からこう言っていた。

「期待通りに活躍してくれればいいが、問題は結果が出なかったとき。相手はキューバ政府公認の助っ人。獲得した、というより、ゆずってもらった、という側面がある。今後の選手獲得のパイプを維持するということを考えれば、仮にダメでもむげにはできない。打てないからといって、ベンチの置物にしたり、二軍でやり直させたり、そういう方針がとれるのか。セペダを獲得した巨人はこれからが大変ですよ」

 そのキューバ代表4番打者のセペダ(34)が、8日のロッテ戦でついにスタメンを外された。ここまで18試合で打率.170、3本塁打、11打点。

 デビュー戦から4番で使い続けてきた原監督も、さすがに我慢の限界に達したということだろう。前日7日の西武戦の七回にはセペダに代打・中井を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る