ついにスタメン落ちも…原監督がセペダを見切れない理由

公開日:  更新日:

ついにスタメン落ち

 中南米の野球事情に詳しいセ某球団関係者はセペダについて、当初からこう言っていた。

「期待通りに活躍してくれればいいが、問題は結果が出なかったとき。相手はキューバ政府公認の助っ人。獲得した、というより、ゆずってもらった、という側面がある。今後の選手獲得のパイプを維持するということを考えれば、仮にダメでもむげにはできない。打てないからといって、ベンチの置物にしたり、二軍でやり直させたり、そういう方針がとれるのか。セペダを獲得した巨人はこれからが大変ですよ」

 そのキューバ代表4番打者のセペダ(34)が、8日のロッテ戦でついにスタメンを外された。ここまで18試合で打率.170、3本塁打、11打点。

 デビュー戦から4番で使い続けてきた原監督も、さすがに我慢の限界に達したということだろう。前日7日の西武戦の七回にはセペダに代打・中井を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る