本田圭佑「虚像と実像」(6)中1の少年を襲ったクラムジー

公開日: 更新日:

「何でやろ?思うように動けへん」

 ガンバ大阪ジュニアユースのコーチ陣から「走らんかい!」といくら怒鳴られても、かたくなにパスの供給役に徹した。

 中学1年の後半になると、その傾向はより顕著になった。ピッチを縦横無尽に走り回る選手が評価され、いつまでも「動こうとしない」本田はベンチに追いやられる。苦虫を噛み潰したような表情で仲間のはつらつとしたプレーを見る日々が続いた。

 その頃だった。体が重く、何とも言えない倦怠(けんたい)感が襲い始めた。日常生活でも体が言うことを聞かない。試合に出ても、当たり前のようにできていたプレーすらできない。体に染み付いたワザも使えず、ボールもうまくさばけない――。

「何でやろ? 思うように動けへん」

 原因は「クラムジー(Clumsy)」だった。急激に成長することによって、体と精神のバランスが崩れ、これまで会得した技術ができなくなること。成長痛によって膝、足首などが痛み、満足にプレーできないことで「オレは何をやってもダメ」と精神的スランプに陥る事例も少なくない。このクラムジーに悩まされたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る