• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(6)中1の少年を襲ったクラムジー

「何でやろ?思うように動けへん」

 ガンバ大阪ジュニアユースのコーチ陣から「走らんかい!」といくら怒鳴られても、かたくなにパスの供給役に徹した。

 中学1年の後半になると、その傾向はより顕著になった。ピッチを縦横無尽に走り回る選手が評価され、いつまでも「動こうとしない」本田はベンチに追いやられる。苦虫を噛み潰したような表情で仲間のはつらつとしたプレーを見る日々が続いた。

 その頃だった。体が重く、何とも言えない倦怠(けんたい)感が襲い始めた。日常生活でも体が言うことを聞かない。試合に出ても、当たり前のようにできていたプレーすらできない。体に染み付いたワザも使えず、ボールもうまくさばけない――。

「何でやろ? 思うように動けへん」

 原因は「クラムジー(Clumsy)」だった。急激に成長することによって、体と精神のバランスが崩れ、これまで会得した技術ができなくなること。成長痛によって膝、足首などが痛み、満足にプレーできないことで「オレは何をやってもダメ」と精神的スランプに陥る事例も少なくない。このクラムジーに悩まされたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る