本田圭佑「虚像と実像」(5)ガンバジュニアユース失格の真相

公開日: 更新日:

 鳥飼北小を卒業した本田圭佑は99年4月、摂津四中に入学すると同時にガンバ大阪のジュニアユースに入団した。兄・弘幸を指導していた摂津二中サッカー部の顧問を務めていた田中章博の推薦もあり、本田は幸運にもプロ予備軍の一員になることができたのである。

 地元では、すでに名の知られた存在だった本田だが、関西全域からサッカーの精鋭が集うジュニアユースでは、あくまで平凡な選手に過ぎない。

 ジュニアからの昇格組で「天才サッカー少年」と評判の家長昭博(現大宮FW)が、同期の中ではチームの中心的存在だった

 ガンバ大阪の元育成普及部長で本田の獲得にも関わった上野山信行(現チームアカデミー本部・強化本部担当顧問)は、当時の印象をこう語る。

「私たちはサッカーに必要な技術、メンタル、フィジカル、戦術の4要素を総合的に見ながら判断します。圭佑は技術、メンタル、戦術の評価は高かった。ヘッド(頭)が上がって視野が広かったし、サッカー自体のうまさはあった。気になったのはフィジカルです。あまり走らなかったし、足も遅かった。でも、12歳の圭佑がジュニアユースからユースと計6年間で成長していく伸びしろを見越し、最終的にジュニアユースの選手として受け入れることにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る