• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(4)大人を操ったヨイショと作り笑い

 誰が相手だろうが、物おじすることなく、言いたいことはハッキリと言う。本田の言動は、若い世代の一部からカリスマ教祖のようにあがめ奉られる一方、傲慢でふてぶてしい印象も漂ってくる。

 それでも、本田が批判の矢面に立たされることが少ないのは、苛烈な環境で培った気配りと深謀遠慮があるから。

 両親が離婚し、親代わりの祖父母は共働きで家にいない。本田にとって小学生の頃から頼れるのは兄・弘幸と、その仲間だけだった。小学4年から中学のサッカー部で練習していた本田の周囲は常に「目上」ばかり。偉そうな態度を取り続ければ反感を買う。そればかりか、自分の居場所すら失う可能性があった。

 どうしたら年長者に認められ、自己主張しても聞き入れてもらえるか。会得した処世術は「巧妙な言葉の使い方」「相手をソノ気にさせる上手な伝え方」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る