• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(4)大人を操ったヨイショと作り笑い

 誰が相手だろうが、物おじすることなく、言いたいことはハッキリと言う。本田の言動は、若い世代の一部からカリスマ教祖のようにあがめ奉られる一方、傲慢でふてぶてしい印象も漂ってくる。

 それでも、本田が批判の矢面に立たされることが少ないのは、苛烈な環境で培った気配りと深謀遠慮があるから。

 両親が離婚し、親代わりの祖父母は共働きで家にいない。本田にとって小学生の頃から頼れるのは兄・弘幸と、その仲間だけだった。小学4年から中学のサッカー部で練習していた本田の周囲は常に「目上」ばかり。偉そうな態度を取り続ければ反感を買う。そればかりか、自分の居場所すら失う可能性があった。

 どうしたら年長者に認められ、自己主張しても聞き入れてもらえるか。会得した処世術は「巧妙な言葉の使い方」「相手をソノ気にさせる上手な伝え方」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る