本田圭佑「虚像と実像」(1) 小4で中学サッカー部に“飛び入り”

公開日:  更新日:

 独りぼっちになるのが怖かった。

 小学2年の時に両親が離婚。本田は3つ上の兄・弘幸と共に、父方の祖父母(満=故人、晶子)に養われることになった。

 父親の司は、いろいろな事業に手を出しては失敗を繰り返し、そもそも子供にかまうタイプではなかった。祖父母も孫を養うために朝から晩まで働き通し。

 小学校から帰ると、木造2階建ての自宅は薄暗く、人の気配もない。わびしさだけが漂っていた。母親っ子だった本田。耐え難い心の隙間を埋めるには、来る日も来る日も弘幸とサッカーボールを蹴るしかなかった。

 そんな本田に「窮地」が訪れる。弘幸の中学進学だった。一緒にボールを追っかけていた「相手」がいなくなってしまう。小学2年から、地元の摂津FCというクラブチームに所属していたが、練習日は土、日の午前中だけ。平日は孤独な時間を過ごすことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る