本田圭佑「虚像と実像」(2)小学生が監督のスネを蹴飛ばした

公開日:  更新日:

 小学4年。兄・弘幸が入学した摂津第二中のサッカー部に連日通うようになった本田に大きな壁が待ち受けていた。

 今でこそ身長182センチ、体重76キロの恵まれた体格だが、当時は同学年の中でも小柄な方だった。体格差を補うため、日本代表のチームメート、香川真司(マンチェスター・ユナイテッドFW)のように動き回ってボールに絡むプレースタイルも模索したが、そこは負けん気の強いサッカー小僧。ひとつのスタイルに納得するはずがなかった。

「どうしたら大きい相手を抜けるようになるんやろ」
 この口癖が、いつしか「ボールはオレのもの」という執着心に変わった。

 摂津第二中サッカー部顧問だった田中章博(62)は言う。
「常に圭佑は相手を突破することしか考えなかった。<サッカーにはいろいろな快感がある。相手を抜き去る快感もあるけれど、相手が寄せてくる直前にパッと味方にパスを出すのも気持ちのエエもんだよ>と何度も話をした。でも、圭佑はチームプレーでゲームに勝つことよりも、相手を突破する快感を追い求めたんやろうな。ずっと1対1の勝負にこだわったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る