本田圭佑「虚像と実像」(2)小学生が監督のスネを蹴飛ばした

公開日: 更新日:

 小学4年。兄・弘幸が入学した摂津第二中のサッカー部に連日通うようになった本田に大きな壁が待ち受けていた。

 今でこそ身長182センチ、体重76キロの恵まれた体格だが、当時は同学年の中でも小柄な方だった。体格差を補うため、日本代表のチームメート、香川真司(マンチェスター・ユナイテッドFW)のように動き回ってボールに絡むプレースタイルも模索したが、そこは負けん気の強いサッカー小僧。ひとつのスタイルに納得するはずがなかった。

「どうしたら大きい相手を抜けるようになるんやろ」
 この口癖が、いつしか「ボールはオレのもの」という執着心に変わった。

 摂津第二中サッカー部顧問だった田中章博(62)は言う。
「常に圭佑は相手を突破することしか考えなかった。<サッカーにはいろいろな快感がある。相手を抜き去る快感もあるけれど、相手が寄せてくる直前にパッと味方にパスを出すのも気持ちのエエもんだよ>と何度も話をした。でも、圭佑はチームプレーでゲームに勝つことよりも、相手を突破する快感を追い求めたんやろうな。ずっと1対1の勝負にこだわったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  8. 8

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る