勝率5割 西武・田辺監督代行と「前任者」の決定的な違い

公開日: 更新日:

 4日に休養した伊原監督からバトンを引き継いだ田辺監督代行。ここまで指揮を執った4試合は2勝2敗。そもそも20勝33敗と大きく負け越していたチームだ。勝率5割なら立派だろう。

 そんな田辺代行を支えるのが、袴田ヘッド兼バッテリーコーチ。伊原監督の休養に伴い、チーフコーチから昇格。同コーチは監督休養後のチームについてこう話す。
「いい形にはなってきている。目に見えて何かが変わっているわけではないが、やっぱり監督があんな形で休養したことで(みんな)思うところもあるのだろう。そういう意識の根底というか、そうした部分が変わったかもしれない」

 采配において田辺代行らしさが出たのが6日の巨人戦だ。チャンスの場面で田辺代行は、今季一軍未出場の捕手・星を代打に起用。試合には負けたとはいえ、星は期待に応えて適時打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る