日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝率5割 西武・田辺監督代行と「前任者」の決定的な違い

 4日に休養した伊原監督からバトンを引き継いだ田辺監督代行。ここまで指揮を執った4試合は2勝2敗。そもそも20勝33敗と大きく負け越していたチームだ。勝率5割なら立派だろう。

 そんな田辺代行を支えるのが、袴田ヘッド兼バッテリーコーチ。伊原監督の休養に伴い、チーフコーチから昇格。同コーチは監督休養後のチームについてこう話す。
「いい形にはなってきている。目に見えて何かが変わっているわけではないが、やっぱり監督があんな形で休養したことで(みんな)思うところもあるのだろう。そういう意識の根底というか、そうした部分が変わったかもしれない」

 采配において田辺代行らしさが出たのが6日の巨人戦だ。チャンスの場面で田辺代行は、今季一軍未出場の捕手・星を代打に起用。試合には負けたとはいえ、星は期待に応えて適時打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事