勝率5割 西武・田辺監督代行と「前任者」の決定的な違い

公開日:  更新日:

 4日に休養した伊原監督からバトンを引き継いだ田辺監督代行。ここまで指揮を執った4試合は2勝2敗。そもそも20勝33敗と大きく負け越していたチームだ。勝率5割なら立派だろう。

 そんな田辺代行を支えるのが、袴田ヘッド兼バッテリーコーチ。伊原監督の休養に伴い、チーフコーチから昇格。同コーチは監督休養後のチームについてこう話す。
「いい形にはなってきている。目に見えて何かが変わっているわけではないが、やっぱり監督があんな形で休養したことで(みんな)思うところもあるのだろう。そういう意識の根底というか、そうした部分が変わったかもしれない」

 采配において田辺代行らしさが出たのが6日の巨人戦だ。チャンスの場面で田辺代行は、今季一軍未出場の捕手・星を代打に起用。試合には負けたとはいえ、星は期待に応えて適時打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る