コーチ、選手、ファンも喜んだ西武・伊原監督の「休養」

公開日:  更新日:

 西武浮上のきっかけになりそうだ。4日の試合後、西武の伊原春樹監督(65)が会見を行い、休養を発表。今後は田辺徳雄打撃コーチ(48)が代行として指揮を執ることになった。西武で監督が休養するのは球団史上初のことである。

 今季、11年ぶりに復帰した伊原監督は「優勝だけです。優勝します」と大見えを切りながら、チームは4月上旬から最下位と低迷し、借金は13。西武OBの山崎裕之氏(評論家)は「理解できない采配が多すぎた」とこう言う。

「4日のDeNA戦もそうです。1点リードの八回2死から、4番メヒアの場面で一塁走者の金子に盗塁を命じて失敗。なぜ、1点しかリードしていないのに、しかも4番が打っている時に走らせたのか。選手だって何年もプロでやっていますからね。『この場面で、このサイン?』と疑問を抱きますよ。他の試合でも初回からバスターエンドランのサインを出すなど、セオリーや根拠のないサインが多かった。攻撃はそれだけ乱暴だし、守備でも伝達がうまくいっていないようなケースが多々あった。とにかく、ベンチでじっとしていられない人なんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る