コーチ、選手、ファンも喜んだ西武・伊原監督の「休養」

公開日:  更新日:

 西武浮上のきっかけになりそうだ。4日の試合後、西武の伊原春樹監督(65)が会見を行い、休養を発表。今後は田辺徳雄打撃コーチ(48)が代行として指揮を執ることになった。西武で監督が休養するのは球団史上初のことである。

 今季、11年ぶりに復帰した伊原監督は「優勝だけです。優勝します」と大見えを切りながら、チームは4月上旬から最下位と低迷し、借金は13。西武OBの山崎裕之氏(評論家)は「理解できない采配が多すぎた」とこう言う。

「4日のDeNA戦もそうです。1点リードの八回2死から、4番メヒアの場面で一塁走者の金子に盗塁を命じて失敗。なぜ、1点しかリードしていないのに、しかも4番が打っている時に走らせたのか。選手だって何年もプロでやっていますからね。『この場面で、このサイン?』と疑問を抱きますよ。他の試合でも初回からバスターエンドランのサインを出すなど、セオリーや根拠のないサインが多かった。攻撃はそれだけ乱暴だし、守備でも伝達がうまくいっていないようなケースが多々あった。とにかく、ベンチでじっとしていられない人なんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る