• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コーチ、選手、ファンも喜んだ西武・伊原監督の「休養」

 西武浮上のきっかけになりそうだ。4日の試合後、西武の伊原春樹監督(65)が会見を行い、休養を発表。今後は田辺徳雄打撃コーチ(48)が代行として指揮を執ることになった。西武で監督が休養するのは球団史上初のことである。

 今季、11年ぶりに復帰した伊原監督は「優勝だけです。優勝します」と大見えを切りながら、チームは4月上旬から最下位と低迷し、借金は13。西武OBの山崎裕之氏(評論家)は「理解できない采配が多すぎた」とこう言う。

「4日のDeNA戦もそうです。1点リードの八回2死から、4番メヒアの場面で一塁走者の金子に盗塁を命じて失敗。なぜ、1点しかリードしていないのに、しかも4番が打っている時に走らせたのか。選手だって何年もプロでやっていますからね。『この場面で、このサイン?』と疑問を抱きますよ。他の試合でも初回からバスターエンドランのサインを出すなど、セオリーや根拠のないサインが多かった。攻撃はそれだけ乱暴だし、守備でも伝達がうまくいっていないようなケースが多々あった。とにかく、ベンチでじっとしていられない人なんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る