• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田辺代行「黒星発進」 先が思いやられる西武ナインの幼稚さ

「あんなに明るい西武ナインを見るのは去年以来だよね」
 6日、東京ドームを訪れた放送関係者も目を丸くしたほどだ。

 4日に伊原監督(65)が休養し、田辺監督代行(48)が指揮を執ることになった。ガミガミと口やかましい指揮官から解放された反動だろう。ナインは試合前に談笑したり、ふざけあうなど、「伊原時代」にはなかった光景が見られた。

 田辺監督代行は試合前に、「若い選手が多いから、普段通りに若さを前面に出してプレーさせたい。元気良くプレーすればチームは浮上する? 勝たなきゃいけないとかばかりが大きくなって、(チームの)足元がぐらついている。でも、今の位置(最下位)から下はない。だから元気にやっていくしかないでしょ」と、「元気」を強調。就任したばかりで方針が定まっていないこともあるだろうが、今の西武ナインにはこれくらいの指示でちょうどいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る