田辺代行「黒星発進」 先が思いやられる西武ナインの幼稚さ

公開日: 更新日:

「あんなに明るい西武ナインを見るのは去年以来だよね」
 6日、東京ドームを訪れた放送関係者も目を丸くしたほどだ。

 4日に伊原監督(65)が休養し、田辺監督代行(48)が指揮を執ることになった。ガミガミと口やかましい指揮官から解放された反動だろう。ナインは試合前に談笑したり、ふざけあうなど、「伊原時代」にはなかった光景が見られた。

 田辺監督代行は試合前に、「若い選手が多いから、普段通りに若さを前面に出してプレーさせたい。元気良くプレーすればチームは浮上する? 勝たなきゃいけないとかばかりが大きくなって、(チームの)足元がぐらついている。でも、今の位置(最下位)から下はない。だから元気にやっていくしかないでしょ」と、「元気」を強調。就任したばかりで方針が定まっていないこともあるだろうが、今の西武ナインにはこれくらいの指示でちょうどいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    自民党は菅首相“切り”に動く…果たしてその契機は何なのか

もっと見る