公平性は大丈夫か…W杯決勝の主審「イタリア人」のなぜ?

公開日: 更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は日本時間12日、ブラジルW杯決勝(ドイツ―アルゼンチン、同14日)で笛を吹く審判団を発表。主審はイタリア人のニコラ・リッツォーリ氏(42)が担当することになった。

 決勝戦の審判は対戦国が「南米(アルゼンチン)対欧州(ドイツ)」に決まった時点で、「中立国」であるアジア、またはアフリカから選ばれるとみられていた。フタをあけてみれば欧州のイタリアだった。

 FIFAはこの人選に関し、「最高の試合で最高のレフェリーを選んだ」と話したが、それをうのみにするものは皆無だ。

 今大会のアルゼンチンは、1次リーグの組み合わせ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア)や移動距離の短い試合会場など、他国に比べてかなり有利だった。その上、決勝戦の主審に決まったリッツォーリ氏は、これまでアルゼンチン戦を2度担当(1次リーグのナイジェリア戦と準々決勝のベルギー戦)している。ペナルティーを取る基準は審判によって異なるため、この主審を2度経験しているアルゼンチンにとってはやりやすい。

 ちなみに現地では、「決勝戦の笛を吹くのは、開幕戦を裁いた日本のニシムラ(西村雄一)ではないか」との声もあったが、開幕戦でブラジルにPKを与えたことが「誤審」と見られ株を落としたようだ。いずれにしても、世界中が注目する決勝戦だけに、後味の悪い試合にはしてもらいたくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る