公平性は大丈夫か…W杯決勝の主審「イタリア人」のなぜ?

公開日:  更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は日本時間12日、ブラジルW杯決勝(ドイツ―アルゼンチン、同14日)で笛を吹く審判団を発表。主審はイタリア人のニコラ・リッツォーリ氏(42)が担当することになった。

 決勝戦の審判は対戦国が「南米(アルゼンチン)対欧州(ドイツ)」に決まった時点で、「中立国」であるアジア、またはアフリカから選ばれるとみられていた。フタをあけてみれば欧州のイタリアだった。

 FIFAはこの人選に関し、「最高の試合で最高のレフェリーを選んだ」と話したが、それをうのみにするものは皆無だ。

 今大会のアルゼンチンは、1次リーグの組み合わせ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア)や移動距離の短い試合会場など、他国に比べてかなり有利だった。その上、決勝戦の主審に決まったリッツォーリ氏は、これまでアルゼンチン戦を2度担当(1次リーグのナイジェリア戦と準々決勝のベルギー戦)している。ペナルティーを取る基準は審判によって異なるため、この主審を2度経験しているアルゼンチンにとってはやりやすい。

 ちなみに現地では、「決勝戦の笛を吹くのは、開幕戦を裁いた日本のニシムラ(西村雄一)ではないか」との声もあったが、開幕戦でブラジルにPKを与えたことが「誤審」と見られ株を落としたようだ。いずれにしても、世界中が注目する決勝戦だけに、後味の悪い試合にはしてもらいたくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る