公平性は大丈夫か…W杯決勝の主審「イタリア人」のなぜ?

公開日:  更新日:

 FIFA(国際サッカー連盟)は日本時間12日、ブラジルW杯決勝(ドイツ―アルゼンチン、同14日)で笛を吹く審判団を発表。主審はイタリア人のニコラ・リッツォーリ氏(42)が担当することになった。

 決勝戦の審判は対戦国が「南米(アルゼンチン)対欧州(ドイツ)」に決まった時点で、「中立国」であるアジア、またはアフリカから選ばれるとみられていた。フタをあけてみれば欧州のイタリアだった。

 FIFAはこの人選に関し、「最高の試合で最高のレフェリーを選んだ」と話したが、それをうのみにするものは皆無だ。

 今大会のアルゼンチンは、1次リーグの組み合わせ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア)や移動距離の短い試合会場など、他国に比べてかなり有利だった。その上、決勝戦の主審に決まったリッツォーリ氏は、これまでアルゼンチン戦を2度担当(1次リーグのナイジェリア戦と準々決勝のベルギー戦)している。ペナルティーを取る基準は審判によって異なるため、この主審を2度経験しているアルゼンチンにとってはやりやすい。

 ちなみに現地では、「決勝戦の笛を吹くのは、開幕戦を裁いた日本のニシムラ(西村雄一)ではないか」との声もあったが、開幕戦でブラジルにPKを与えたことが「誤審」と見られ株を落としたようだ。いずれにしても、世界中が注目する決勝戦だけに、後味の悪い試合にはしてもらいたくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る