「専守防衛」と「メッシ頼み」 ブレなかったアルゼンチンの戦術

公開日:  更新日:

 相手の長所を消し合うサッカーに終始した準決勝のオランダ-アルゼンチン戦は、延長戦を含む120分でも決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンが4-2で死闘を制した。

 先攻のオランダは、1人目を準々決勝コスタリカ戦でPKを蹴らなかったDFフラールに任せる。ところがゴール右に蹴ったボールはコースが甘く、アルゼンチンGKロメロが止める。対するアルゼンチンは、1人目のFWメッシが落ち着いてゴール左に決めた。

 2人目はFWロッベン、DFガライと両チーム成功。オランダ3人目MFスナイデルのキックを再びロメロがストップ。ゴール左上に飛んだボールを読み切り、横っ跳びの好セーブを見せる。その後アルゼンチンは、3人目のFWアグエロがきっちり成功させ、決勝進出に王手をかける。

 もう失敗が許されないオランダは、4人目のFWカイトが成功させるも、アルゼンチンはMFマキシ・ロドリゲスが蹴ったボールがネットを揺らす。オランダゴールを守り抜いたGKシレッセンが一度は触ったものの、無情にもボールはゴール上に吸い込まれた。オランダのPKを2発止めたロメロが、この試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る