「専守防衛」と「メッシ頼み」 ブレなかったアルゼンチンの戦術

公開日: 更新日:

 相手の長所を消し合うサッカーに終始した準決勝のオランダ-アルゼンチン戦は、延長戦を含む120分でも決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンが4-2で死闘を制した。

 先攻のオランダは、1人目を準々決勝コスタリカ戦でPKを蹴らなかったDFフラールに任せる。ところがゴール右に蹴ったボールはコースが甘く、アルゼンチンGKロメロが止める。対するアルゼンチンは、1人目のFWメッシが落ち着いてゴール左に決めた。

 2人目はFWロッベン、DFガライと両チーム成功。オランダ3人目MFスナイデルのキックを再びロメロがストップ。ゴール左上に飛んだボールを読み切り、横っ跳びの好セーブを見せる。その後アルゼンチンは、3人目のFWアグエロがきっちり成功させ、決勝進出に王手をかける。

 もう失敗が許されないオランダは、4人目のFWカイトが成功させるも、アルゼンチンはMFマキシ・ロドリゲスが蹴ったボールがネットを揺らす。オランダゴールを守り抜いたGKシレッセンが一度は触ったものの、無情にもボールはゴール上に吸い込まれた。オランダのPKを2発止めたロメロが、この試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る