組み合わせ、試合会場…アルゼンチン決勝進出は“好条件”揃い

公開日:  更新日:

【日刊ゲンダイ本紙コラム「王国インサイドリポート」】

「ワールドカップの組み合わせはいつも、一部の有力国が優遇されている」

 日本代表監督だったジーコが嘆いたのは2006年のドイツ大会前のことだった。確かに、W杯でブラジルがドイツと対戦したのは、昨日の惨敗の前には02年決勝だけ。優勝経験国同士がなるべく対戦しないような「操作」が存在しているのだとジーコは指摘した。

 昨年末、この大会の組み合わせが発表になったとき、目を引いたのはアルゼンチンだった。1次リーグで同組に入ったのは、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、そしてナイジェリア──。優勝経験国はもちろん、強豪国は一つもない。

 試合会場も、リオデジャネイロ、ベロオリゾンテ、そしてポルトアレグレと移動距離は短い。極端な高温多湿であるアマゾン地域、あるいはレシフェなどの北東部を見事に避けていた。特にグループリーグ最終戦の行われたポルトアレグレは国境を越えればアルゼンチンである。街には彼らの母国語、スペイン語の看板もあり、限りなくホームに近い場所だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る