ブラジルを粉砕 ドイツに期待かかる“W杯のジンクス破り”

公開日: 更新日:

 南米大陸で開催されたW杯で欧州勢が優勝したことは一度もない――。

 このジンクスが破られようとしている。

 難敵オランダをPKの末に破った南米の雄アルゼンチンが、日本時間14日早朝(4時)キックオフの決勝戦に名乗りを上げた。

 しかし、相手が悪過ぎた。攻撃のネイマールと守りのチアゴシウバの飛車角落ちとはいえ王国ブラジルを7-1で粉砕した欧州の強豪ドイツである。世界中のサッカーファンが「絶対的にドイツ有利」と思っていることだろう。本当にそうなのだろうか?

 日本人でただ一人、ブンデスリーガ1部でヘッドコーチの経験のある鈴木良平氏が「故障明けのMFのシュバインシュタイガーとケディラ、FWクローゼの復調具合がレーウ監督の悩みだったが、3人とも試合を重ねるごとにベストフォームを取り戻しており、現時点で攻守ともにドイツに不安材料はないと言っていい」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る