ブラジルを粉砕 ドイツに期待かかる“W杯のジンクス破り”

公開日: 更新日:

 南米大陸で開催されたW杯で欧州勢が優勝したことは一度もない――。

 このジンクスが破られようとしている。

 難敵オランダをPKの末に破った南米の雄アルゼンチンが、日本時間14日早朝(4時)キックオフの決勝戦に名乗りを上げた。

 しかし、相手が悪過ぎた。攻撃のネイマールと守りのチアゴシウバの飛車角落ちとはいえ王国ブラジルを7-1で粉砕した欧州の強豪ドイツである。世界中のサッカーファンが「絶対的にドイツ有利」と思っていることだろう。本当にそうなのだろうか?

 日本人でただ一人、ブンデスリーガ1部でヘッドコーチの経験のある鈴木良平氏が「故障明けのMFのシュバインシュタイガーとケディラ、FWクローゼの復調具合がレーウ監督の悩みだったが、3人とも試合を重ねるごとにベストフォームを取り戻しており、現時点で攻守ともにドイツに不安材料はないと言っていい」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る