球宴でさらなる高評価 上原に「エンゼルス移籍有力」報道

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕が15日(日本時間16日)のオールスター戦で、さらに株を上げた。好救援でア・リーグの勝利に貢献したレッドソックスの守護神・上原浩治(39)である。

 初めて出場した球宴は2点リードの六回2死三塁の場面で登板すると、レッズ・メソラコを空振り三振。わずか4球でピンチを切り抜けた。

 上原は球威こそないものの、抜群の制球力とキレで相手打者を封じ込める投球術はメジャーでも屈指だ。7月末のトレード期限まで約2週間と迫る中、球宴で好投した上原に他球団のGMがこれまで以上に熱を上げているのだ。

 ポストシーズン進出の可能性を残す球団にとって、夏場以降の投手陣の整備は共通の課題だ。特に速球派が多いリリーフ陣は故障のリスクが高いだけに、上原のような安定感のあるクローザーを補強するメリットは大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る