日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーが狙う“第2のマー君”はRソックス上原の一番弟子

“第2のマー君”は巨人にいるのか。

 待遇が良く、ポスティング制度を認めていない巨人の主力は、一度はメジャー行きを考えても断念するケースが多い。FA権を持つ阿部や内海は複数年契約を結んで「生涯巨人」を誓っている。

 某メジャースカウトによると、巨人の中で評価が高いのはセットアッパーの山口鉄也(30)と抑えの西村健太朗(28)の救援コンビだという。山口は米独立リーグ時代の苦労と、育成契約で巨人に拾ってもらった恩義を感じていることもあり、今のところメジャー志向はないという。「大穴」は守護神の西村の方だ。

 他の選手とはあまりつるまず、一匹狼タイプだった巨人時代の上原(レッドソックス)が認めた唯一の弟子。ある年のオフ、自主トレを一緒に行った際に上原がフォーク、西村がシュートと、それぞれの伝家の宝刀を教え合った仲でもある。さる放送局関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事