絶好調でも“余剰人員” イチロー移籍先にエンゼルス急浮上

公開日:  更新日:

 6日現在、3割7分3厘。開幕から打ちまくるイチロー(40)に、ヤンキースのフロントがニンマリだという。

 といって、「5人目の外野手」に使えるメドが立ったと喜んでいるわけではない。

 この先、仮に4割をマークしたところで、イチローが外野手3人からレギュラーを奪うことはあり得ない。エルズベリー、ベルトラン、ガードナーの3人とは大型契約を結んでいて、今季はレギュラーとして起用することが決まっている。

 ヤンキースのフロントは、イチローがこのまま調子を維持すれば、外野のレギュラーとして売れるメドが立つと喜んでいるのだ。

 イチローはそもそも、トレード要員だ。ヤンキースはこのオフもリリーフ投手との交換トレードをいくつかの球団に打診したものの、6億5000万円の年俸がネックになって商談はまとまらなかった。控え外野手の相場は年俸1億円以下だから無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る