日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶好調でも“余剰人員” イチロー移籍先にエンゼルス急浮上

 6日現在、3割7分3厘。開幕から打ちまくるイチロー(40)に、ヤンキースのフロントがニンマリだという。

 といって、「5人目の外野手」に使えるメドが立ったと喜んでいるわけではない。

 この先、仮に4割をマークしたところで、イチローが外野手3人からレギュラーを奪うことはあり得ない。エルズベリー、ベルトラン、ガードナーの3人とは大型契約を結んでいて、今季はレギュラーとして起用することが決まっている。

 ヤンキースのフロントは、イチローがこのまま調子を維持すれば、外野のレギュラーとして売れるメドが立つと喜んでいるのだ。

 イチローはそもそも、トレード要員だ。ヤンキースはこのオフもリリーフ投手との交換トレードをいくつかの球団に打診したものの、6億5000万円の年俸がネックになって商談はまとまらなかった。控え外野手の相場は年俸1億円以下だから無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事