絶好調でも“余剰人員” イチロー移籍先にエンゼルス急浮上

公開日: 更新日:

 6日現在、3割7分3厘。開幕から打ちまくるイチロー(40)に、ヤンキースのフロントがニンマリだという。

 といって、「5人目の外野手」に使えるメドが立ったと喜んでいるわけではない。

 この先、仮に4割をマークしたところで、イチローが外野手3人からレギュラーを奪うことはあり得ない。エルズベリー、ベルトラン、ガードナーの3人とは大型契約を結んでいて、今季はレギュラーとして起用することが決まっている。

 ヤンキースのフロントは、イチローがこのまま調子を維持すれば、外野のレギュラーとして売れるメドが立つと喜んでいるのだ。

 イチローはそもそも、トレード要員だ。ヤンキースはこのオフもリリーフ投手との交換トレードをいくつかの球団に打診したものの、6億5000万円の年俸がネックになって商談はまとまらなかった。控え外野手の相場は年俸1億円以下だから無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る