エンゼルスが獲得名乗り? レ軍上原がトレード市場で大モテ

公開日:  更新日:

 昨季、レッドソックスを6年ぶりの世界一に導いた守護神の上原浩治(39)が7月末で期限を迎えるトレード市場の主役に躍り出る公算が高い。

 何しろ、今季のレッドソックスは投打の歯車がかみ合わず絶不調。5月には20年ぶりの10連敗を喫し、53試合で24勝29敗の勝率4割5分3厘。ア・リーグ東地区首位のブルージェイズとは7ゲーム差の4位と低迷している。チームとは対照的に上原は好調を維持しており、ここまで22試合で1勝1敗11セーブ、防御率0.83。4月には一時、右肩の不調を訴えたが、依然として安定感は抜群だ(記録は29日終了時)。

 レッドソックスは、ここにきてエース右腕バックホルツが左ひざ痛で故障者リスト(DL)入り。主力の離脱が相次いでいることもあり、巻き返しは絶望的だ。

 ポストシーズン進出の夢が消えたチームは早々と来季に備える。年俸の高い主力を放出して(上原の今季年俸は約5億円)、若手の有望株を獲得するケースが多い。レッドソックスがトレード期限までに上原を放出する可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る