日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エンゼルスが獲得名乗り? レ軍上原がトレード市場で大モテ

 昨季、レッドソックスを6年ぶりの世界一に導いた守護神の上原浩治(39)が7月末で期限を迎えるトレード市場の主役に躍り出る公算が高い。

 何しろ、今季のレッドソックスは投打の歯車がかみ合わず絶不調。5月には20年ぶりの10連敗を喫し、53試合で24勝29敗の勝率4割5分3厘。ア・リーグ東地区首位のブルージェイズとは7ゲーム差の4位と低迷している。チームとは対照的に上原は好調を維持しており、ここまで22試合で1勝1敗11セーブ、防御率0.83。4月には一時、右肩の不調を訴えたが、依然として安定感は抜群だ(記録は29日終了時)。

 レッドソックスは、ここにきてエース右腕バックホルツが左ひざ痛で故障者リスト(DL)入り。主力の離脱が相次いでいることもあり、巻き返しは絶望的だ。

 ポストシーズン進出の夢が消えたチームは早々と来季に備える。年俸の高い主力を放出して(上原の今季年俸は約5億円)、若手の有望株を獲得するケースが多い。レッドソックスがトレード期限までに上原を放出する可能性は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事