マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

カップインさせない練習が距離感を磨く

公開日: 更新日:

 パッティングで大事なのが距離感である。方向性が良くてもカップに届かない距離感では永遠にカップインは望めない。

 ただし勘違いしてはいけないのは、ただ強く打つパットが好ましいわけではない。強く打ち過ぎて、カップまで3メートルのパットを2メートルもオーバーする距離感では、3パットするリスクが高くなってしまうからだ。

 では、どんな練習をすれば確実にカップに届く、少し強めの距離感を身に付けられるのか?

 いくつか練習法があるが、ボクがよくやるのがカップの縁をわざと通過させる練習。例えば、練習グリーンに上がったら、まず目標とするカップを決める。狙うカップを決めたら、そのカップの右縁(左縁)ギリギリを通過するようにパットを打ち、カップを通過した50~60センチ先にボールを止めるように心がける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る