マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

カップインさせない練習が距離感を磨く

公開日: 更新日:

 パッティングで大事なのが距離感である。方向性が良くてもカップに届かない距離感では永遠にカップインは望めない。

 ただし勘違いしてはいけないのは、ただ強く打つパットが好ましいわけではない。強く打ち過ぎて、カップまで3メートルのパットを2メートルもオーバーする距離感では、3パットするリスクが高くなってしまうからだ。

 では、どんな練習をすれば確実にカップに届く、少し強めの距離感を身に付けられるのか?

 いくつか練習法があるが、ボクがよくやるのがカップの縁をわざと通過させる練習。例えば、練習グリーンに上がったら、まず目標とするカップを決める。狙うカップを決めたら、そのカップの右縁(左縁)ギリギリを通過するようにパットを打ち、カップを通過した50~60センチ先にボールを止めるように心がける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る