鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第7回>完璧なフリー演技の直後、真央が泣きながら私に言った

公開日:  更新日:

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 ソチのフリーが終わった舞台袖でのこと。

 試合を終えた私が(浅田)真央、(村上)佳菜子と顔を合わせると、今までのさまざまな思いが込み上げ、思わず3人で号泣してしまいました。

 私は自分の出番の関係上、真央のフリー演技を直接見ることは出来ませんでした。でも、先生(長久保コーチ)から16位という信じられない結果に終わったSP(ショートプログラム)とは違い、ほぼ完璧な演技でフリーを終えたと聞いていたので、本人には「よかったね。最高の演技だったんだってね」と伝えたのです。

 すると、真央は泣きながら私の問いかけに小さな声でこう言ってくれました。

「アッコちゃんこそ……、凄いよ。アルメニアで足が痛くて泣きながら練習していたのを見てたから……。その足でここまで来たのだから……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る