日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第6回>五輪SP本番直前にかけた母への電話で光が見えた

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 女子フィギュアSP(ショートプログラム)当日の2月19日正午過ぎ。

 本番直前に悩みを抱えた私が母(ケイ子さん=64)に電話をするのは長いスケート人生でもまれなこと。それでも、胸の中の思いを伝えられるのはひとりしかいません。呼び鈴が鳴った数秒後、電話口に出た声の主はいつもの聞き慣れた明るい声でした。

「どうしたの? 本番ってもうすぐじゃないの?」

 驚いたような口調で語りかけてきた母。私は声を聞いた瞬間、堰を切ったように今の気持ちを話しだしました。

 直前に終わった最後の公式練習で、ジャンプが跳べなかったこと。足の痛みですさむ気持ち。本番への不安、孤独……。ありのままの心中を伝えると、母は優しいながらも、問いかけるように語ってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事