鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第7回>完璧なフリー演技の直後、真央が泣きながら私に言った

公開日: 更新日:

 私が両足の「うおのめ」の炎症による痛みで泣いてばかりいた直前合宿。同じリンクで練習していた真央は、自分のこと以上に私のことを陰ながら心配してくれていたのです。

 真央はソチ五輪前から、全国民の期待を一身に背負わされていました。「金メダル獲得」への重圧です。彼女は表にこそ不安な気持ちを出さなかったものの、小さな背中にかかるプレッシャーは私たちの想像以上だったはず。

 競技期間中はお互い何も言わなかったのですが、陰ながら気にかけてくれていたことに胸が熱くなり、何とも言えない気持ちが込み上げてきました。同時に、真央だけでなく、スケート仲間やコーチ、スタッフ、両親、ファンの方々。本当に多くの素晴らしい人たちに支えられていたことを実感させられたのは言うまでもありません。

「これでもう引退してもいい。心残りはない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る