• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木が対戦 オリオールズの監督はメジャー一番の「嫌われ者」

 オリオールズは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第3戦でタイガースを下し、3連勝。17年ぶり10回目のリーグ優勝決定戦への進出を決めた。

 それまで万年最下位だったオリオールズを、就任5年目で地区優勝させたのがバック・ショウォルター監督(58)だ。選手としてはメジャー経験なし。だが、監督としては優秀で、特に若手育成には定評がある。

 ヤンキース時代(90~95年)は、ジーター、ポサダ、ペティット、リベラらをデビューさせてチームを再建。ダイヤモンドバックス(98~00年)とレンジャーズ(03~06年)でも、チームの土台をつくった。この3球団はいずれもショウォルター監督退任後、ワールドシリーズに進出した。

 戦略やデータを重視するのはもちろん、規律を重んじる。長髪禁止に始まって、ユニホームの着こなしや帽子のかぶり方まで注意するというからハンパじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る