青木が対戦 オリオールズの監督はメジャー一番の「嫌われ者」

公開日:  更新日:

 オリオールズは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第3戦でタイガースを下し、3連勝。17年ぶり10回目のリーグ優勝決定戦への進出を決めた。

 それまで万年最下位だったオリオールズを、就任5年目で地区優勝させたのがバック・ショウォルター監督(58)だ。選手としてはメジャー経験なし。だが、監督としては優秀で、特に若手育成には定評がある。

 ヤンキース時代(90~95年)は、ジーター、ポサダ、ペティット、リベラらをデビューさせてチームを再建。ダイヤモンドバックス(98~00年)とレンジャーズ(03~06年)でも、チームの土台をつくった。この3球団はいずれもショウォルター監督退任後、ワールドシリーズに進出した。

 戦略やデータを重視するのはもちろん、規律を重んじる。長髪禁止に始まって、ユニホームの着こなしや帽子のかぶり方まで注意するというからハンパじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る