青木が対戦 オリオールズの監督はメジャー一番の「嫌われ者」

公開日:  更新日:

 オリオールズは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第3戦でタイガースを下し、3連勝。17年ぶり10回目のリーグ優勝決定戦への進出を決めた。

 それまで万年最下位だったオリオールズを、就任5年目で地区優勝させたのがバック・ショウォルター監督(58)だ。選手としてはメジャー経験なし。だが、監督としては優秀で、特に若手育成には定評がある。

 ヤンキース時代(90~95年)は、ジーター、ポサダ、ペティット、リベラらをデビューさせてチームを再建。ダイヤモンドバックス(98~00年)とレンジャーズ(03~06年)でも、チームの土台をつくった。この3球団はいずれもショウォルター監督退任後、ワールドシリーズに進出した。

 戦略やデータを重視するのはもちろん、規律を重んじる。長髪禁止に始まって、ユニホームの着こなしや帽子のかぶり方まで注意するというからハンパじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る