青木が対戦 オリオールズの監督はメジャー一番の「嫌われ者」

公開日: 更新日:

 オリオールズは5日(日本時間6日)、地区シリーズ第3戦でタイガースを下し、3連勝。17年ぶり10回目のリーグ優勝決定戦への進出を決めた。

 それまで万年最下位だったオリオールズを、就任5年目で地区優勝させたのがバック・ショウォルター監督(58)だ。選手としてはメジャー経験なし。だが、監督としては優秀で、特に若手育成には定評がある。

 ヤンキース時代(90~95年)は、ジーター、ポサダ、ペティット、リベラらをデビューさせてチームを再建。ダイヤモンドバックス(98~00年)とレンジャーズ(03~06年)でも、チームの土台をつくった。この3球団はいずれもショウォルター監督退任後、ワールドシリーズに進出した。

 戦略やデータを重視するのはもちろん、規律を重んじる。長髪禁止に始まって、ユニホームの着こなしや帽子のかぶり方まで注意するというからハンパじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る