ロ軍牽引する青木 プレーオフ進出前に“盗塁フリーパス”獲得

公開日: 更新日:

 大リーグのポストシーズンで脚光を浴びそうなのが、ロイヤルズ・青木宣親(32)だ。

 25日のヤンキース戦、翌26日のツインズ戦と2戦連続で休養を与えられたが、スタメン復帰後は31日のインディアンス戦まで5試合連続安打中。74勝61敗の勝率5割4分8厘でタイガースと地区優勝争いを繰り広げるチームを牽引している。

 ネッド・ヨスト監督からはポストシーズン進出の原動力と期待され、得点力を上げるため、今後は「フリーパス」(自由に盗塁できる権利)を与えられるという。

 今季の青木は開幕前、不動のリードオフマンと位置づけられながら、試合終盤に代走や守備固めを送られるのは珍しくなかった。不可解な起用法が目立ったが、これは青木をベテランとして扱ったからだ。ブルワーズ時代の2年間はシーズン終盤になると、疲労から右太ももを痛めるなど下半身を痛めて調子を崩した。青木の打席での粘りと機動力を評価しているヨスト監督はポストシーズン争いがし烈になるシーズン終盤を万全な態勢でプレーできるように配慮したのだという。

 今季、田中、黒田、イチローのヤンキース、ダルビッシュのレンジャーズら日本人選手が所属するチームは揃って9月末でシーズン終了を迎えるのは確実な状況だ。10月のポストシーズンは、マー君、ダルを押しのけて青木が主役に躍り出そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  9. 9

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る