• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロ軍牽引する青木 プレーオフ進出前に“盗塁フリーパス”獲得

 大リーグのポストシーズンで脚光を浴びそうなのが、ロイヤルズ・青木宣親(32)だ。

 25日のヤンキース戦、翌26日のツインズ戦と2戦連続で休養を与えられたが、スタメン復帰後は31日のインディアンス戦まで5試合連続安打中。74勝61敗の勝率5割4分8厘でタイガースと地区優勝争いを繰り広げるチームを牽引している。

 ネッド・ヨスト監督からはポストシーズン進出の原動力と期待され、得点力を上げるため、今後は「フリーパス」(自由に盗塁できる権利)を与えられるという。

 今季の青木は開幕前、不動のリードオフマンと位置づけられながら、試合終盤に代走や守備固めを送られるのは珍しくなかった。不可解な起用法が目立ったが、これは青木をベテランとして扱ったからだ。ブルワーズ時代の2年間はシーズン終盤になると、疲労から右太ももを痛めるなど下半身を痛めて調子を崩した。青木の打席での粘りと機動力を評価しているヨスト監督はポストシーズン争いがし烈になるシーズン終盤を万全な態勢でプレーできるように配慮したのだという。

 今季、田中、黒田、イチローのヤンキース、ダルビッシュのレンジャーズら日本人選手が所属するチームは揃って9月末でシーズン終了を迎えるのは確実な状況だ。10月のポストシーズンは、マー君、ダルを押しのけて青木が主役に躍り出そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る