ロ軍牽引する青木 プレーオフ進出前に“盗塁フリーパス”獲得

公開日: 更新日:

 大リーグのポストシーズンで脚光を浴びそうなのが、ロイヤルズ・青木宣親(32)だ。

 25日のヤンキース戦、翌26日のツインズ戦と2戦連続で休養を与えられたが、スタメン復帰後は31日のインディアンス戦まで5試合連続安打中。74勝61敗の勝率5割4分8厘でタイガースと地区優勝争いを繰り広げるチームを牽引している。

 ネッド・ヨスト監督からはポストシーズン進出の原動力と期待され、得点力を上げるため、今後は「フリーパス」(自由に盗塁できる権利)を与えられるという。

 今季の青木は開幕前、不動のリードオフマンと位置づけられながら、試合終盤に代走や守備固めを送られるのは珍しくなかった。不可解な起用法が目立ったが、これは青木をベテランとして扱ったからだ。ブルワーズ時代の2年間はシーズン終盤になると、疲労から右太ももを痛めるなど下半身を痛めて調子を崩した。青木の打席での粘りと機動力を評価しているヨスト監督はポストシーズン争いがし烈になるシーズン終盤を万全な態勢でプレーできるように配慮したのだという。

 今季、田中、黒田、イチローのヤンキース、ダルビッシュのレンジャーズら日本人選手が所属するチームは揃って9月末でシーズン終了を迎えるのは確実な状況だ。10月のポストシーズンは、マー君、ダルを押しのけて青木が主役に躍り出そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”