ヤンキース新GMにビーン氏急浮上 マー君の来季にも影響か

公開日: 更新日:

 ヤンキースがこのオフ、激震に見舞われる可能性が極めて高くなった。

 ハル・スタインブレナーオーナーの逆鱗に触れたのは、今年限りで3年契約の切れるキャッシュマンGM。毎年のようにカネを湯水のごとく使いながら、4日現在(日本時間5日現在)、首位オリオールズから9.5ゲーム差の2位と低迷。米スポーツ専門局「ESPN(電子版)」によれば、3日現在、ヤンキースがプレーオフに進出する可能性はたったの2.7%。東地区3位に沈んだ昨季に続き、2年連続でプレーオフに進めないことになる。ヤンキースが2年続けてプレーオフ進出を逃したのは過去20年間、一度もない。

 折しも看板選手のジーターが今季限りで引退する。節目のシーズンに結果を出せなかったことでオーナーの怒りが爆発するのは当然として、火の粉は田中将大(25)、イチロー(40)、黒田博樹(39)ら日本人選手にも及ぶ可能性もあるから、たかが球団人事と看過できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る