ロイヤルズがエンゼルスを3タテ 青木は猛打賞で本領発揮

公開日:  更新日:

 ロイヤルズの快進撃がとどまるところを知らない。5日の地区シリーズ第3戦に快勝し、エンゼルス相手に3連勝でリーグチャンピオンシップに勝ち上がった。ロイヤルズがリーグ優勝を争うステージに駒を進めるのは、世界一になった85年以来、29年ぶり7回目のことだ。

 本拠地カウフマン・スタジアムのファンを沸かせたひとりが青木宣親外野手(32)だった。「2番・右翼」でスタメン出場。1点を追う一回の第1打席で相手の先発左腕ウィルソンの内角速球を捉えて逆転の口火を切る左前打を放った。2死満塁から6番ゴードンの中越え二塁打で試合をひっくり返した。先頭で打席に立った三回にはストレートの四球を選んで出塁。4番ホズマーの本塁打で4点目のホームを踏んだ。

 この日の青木は持ち味を存分に発揮した。第3打席では内寄りの変化球に体勢を泳がされながらも一、二塁間に強い当たりを放ち、俊足を飛ばして内野安打。六回1死一、二塁の得点機には152キロの直球を捉えて中前への適時打を放った。この回に代走を送られてベンチに退いたが、3打数3安打、1打点、2得点。猛打賞でエンゼルスの息の根を止める活躍を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る