監督の信頼絶大 ロ軍青木は「スモールベースボール」の主役

公開日:  更新日:

 地味ながら、ロイヤルズの青木宣親外野手(32)の存在感が高まっている。

 ワイルドカードゲーム(WCG)を含め、ポストシーズンはここまで4試合全てにスタメン出場。地区シリーズ第2戦までは13打数1安打の打率7分7厘ながら、アスレチックスとのWCGでは九回に同点の犠飛を放って勝負強さを発揮した。守備でも安打性の当たりをダイビングキャッチするなど、何度となくチームの窮地を救う好フィールディングを披露している。

 5日の地区シリーズ第3戦では、3打数3安打の猛打賞、1打点2得点でエンゼルス撃破の立役者の一人に。守備でスーパープレーを連発したロレンゾ・ケーン外野手(28)からも、「守備が堅い。俺たちみんな、ヤツを愛している」と絶賛された。

 ロイヤルズは長打に頼らず、足や犠打で相手を揺さぶるスモールベースボールを持ち味とするチーム。昨オフ、ブルワーズから青木の獲得を熱望したネッド・ヨスト監督は「バントや進塁打を放つなど、状況に応じた打撃ができる。ノリ(青木)の打席ではサインを出すことはほとんどないよ。彼に任せておけば心配ないからね」と信頼を寄せている。

 青木を「スモールベースボールの主役」と位置付ける米メディアは少なくない。ロイヤルズの29年ぶりのワールドシリーズは青木にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る