ワシントン監督辞任理由はセクハラ? 日本人相手の可能性も

公開日:  更新日:

「妻に対して誠実ではなかった」

 会見で辞任理由をこう語ったレンジャーズのワシントン監督(62)。日本のスポーツマスコミは辞任の原因を「不倫」と報じているものの、単なる「女性との火遊び」ではない可能性も出てきた。

 米サイト「ザ・スクープ・スポーツ」のジェイミー・ケリーCEOによれば、辞任の真相は「アジアのリポーターに対するグラウンド内での不適切なセクハラで訴えられたこと」とか。こう見ているのはケリーCEOひとりではないとも報じている。

 グラウンド内でセクハラされたアジアのリポーターというのだから、日本、韓国、台湾、中国をはじめインドやベトナムやフィリピン、タイだって含まれる。しかし、メジャーリーガーを輩出している国となると日本、韓国、台湾などに限られる。その中でレンジャーズに母国の選手がいるのはダルビッシュの日本と秋信守の韓国だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る