ワシントン監督辞任理由はセクハラ? 日本人相手の可能性も

公開日: 更新日:

「妻に対して誠実ではなかった」

 会見で辞任理由をこう語ったレンジャーズのワシントン監督(62)。日本のスポーツマスコミは辞任の原因を「不倫」と報じているものの、単なる「女性との火遊び」ではない可能性も出てきた。

 米サイト「ザ・スクープ・スポーツ」のジェイミー・ケリーCEOによれば、辞任の真相は「アジアのリポーターに対するグラウンド内での不適切なセクハラで訴えられたこと」とか。こう見ているのはケリーCEOひとりではないとも報じている。

 グラウンド内でセクハラされたアジアのリポーターというのだから、日本、韓国、台湾、中国をはじめインドやベトナムやフィリピン、タイだって含まれる。しかし、メジャーリーガーを輩出している国となると日本、韓国、台湾などに限られる。その中でレンジャーズに母国の選手がいるのはダルビッシュの日本と秋信守の韓国だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る