• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワシントン監督辞任理由はセクハラ? 日本人相手の可能性も

「妻に対して誠実ではなかった」

 会見で辞任理由をこう語ったレンジャーズのワシントン監督(62)。日本のスポーツマスコミは辞任の原因を「不倫」と報じているものの、単なる「女性との火遊び」ではない可能性も出てきた。

 米サイト「ザ・スクープ・スポーツ」のジェイミー・ケリーCEOによれば、辞任の真相は「アジアのリポーターに対するグラウンド内での不適切なセクハラで訴えられたこと」とか。こう見ているのはケリーCEOひとりではないとも報じている。

 グラウンド内でセクハラされたアジアのリポーターというのだから、日本、韓国、台湾、中国をはじめインドやベトナムやフィリピン、タイだって含まれる。しかし、メジャーリーガーを輩出している国となると日本、韓国、台湾などに限られる。その中でレンジャーズに母国の選手がいるのはダルビッシュの日本と秋信守の韓国だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る