日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

このまま引退でも…イチローは2020年に「殿堂入り」確実

 米殿堂入り選手が6日(日本時間7日)に発表された。

 今年は通算303勝、サイ・ヤング賞5度のランディ・ジョンソン(51)、219勝、同賞3度のペドロ・マルティネス(43)、213勝、154セーブのジョン・スモルツ(47)、通算3060安打のクレイグ・ビジオ(49)の4人が記者による投票で選ばれた。

 いずれも現役時代に一時代を築いた選手ばかりだが、現役の日本人大リーガーで殿堂入りの可能性があるのはイチロー(41=ヤンキースからFA)だ。ここにきて、複数の米メディアはあと156本に迫ったメジャー通算3000安打達成なら殿堂入り確実と伝えている。本人も昨年11月に米ケーブルテレビのインタビューで「もちろん(3000安打を)目指す」と今季の目標に掲げていると明かした。

 まずは新天地を確保するのが先決とはいえ、ロートル外野手の獲得に動く球団は限られる。これまでオリオールズ、マーリンズなどが関心を寄せていると米紙が報じたものの、依然として進展する気配はない。このまま所属先が決まらなければ、引退を余儀なくされる可能性があるが、仮に昨季を最後にユニホームを脱いでもイチローの殿堂入りは揺るがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事