マーリンズがイチローに関心も…“最高給”正右翼の控えか

公開日:  更新日:

 かつての安打製造機に関心を寄せる球団が現れた。マーリンズがヤンキースからFAになっているイチロー(41)の獲得に向けて調査を行っているという。地元紙「マイアミ・ヘラルド」(電子版)が5日(日本時間6日)に伝えている。

 記事によれば、マーリンズは左打ちの外野手の補強に動いており、イチローを4人目の外野手としてリストアップしたという。

 マーリンズの外野陣は昨季の本塁打王で右翼のスタントンを筆頭に左翼でゴールドグラブ賞を受賞したイエリッチ、強肩の中堅手オズナと鉄壁の布陣だ。ダン・ジェニングスGMはイチローの守備力を評価し、主力が休養する際のバックアップとして最適と判断したようだ。

 イチローの本職である右翼のスタントンは昨年11月に米プロスポーツ史上最高額の13年総額3億2500万ドル(約390億円)で契約を延長したばかり。マーリンズとしてはスタントンに無理はさせられない。

 イチローはメジャー屈指の高給取りの控えとして起用されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る