• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズがイチローに関心も…“最高給”正右翼の控えか

 かつての安打製造機に関心を寄せる球団が現れた。マーリンズがヤンキースからFAになっているイチロー(41)の獲得に向けて調査を行っているという。地元紙「マイアミ・ヘラルド」(電子版)が5日(日本時間6日)に伝えている。

 記事によれば、マーリンズは左打ちの外野手の補強に動いており、イチローを4人目の外野手としてリストアップしたという。

 マーリンズの外野陣は昨季の本塁打王で右翼のスタントンを筆頭に左翼でゴールドグラブ賞を受賞したイエリッチ、強肩の中堅手オズナと鉄壁の布陣だ。ダン・ジェニングスGMはイチローの守備力を評価し、主力が休養する際のバックアップとして最適と判断したようだ。

 イチローの本職である右翼のスタントンは昨年11月に米プロスポーツ史上最高額の13年総額3億2500万ドル(約390億円)で契約を延長したばかり。マーリンズとしてはスタントンに無理はさせられない。

 イチローはメジャー屈指の高給取りの控えとして起用されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る