マーリンズがイチローに関心も…“最高給”正右翼の控えか

公開日: 更新日:

 かつての安打製造機に関心を寄せる球団が現れた。マーリンズがヤンキースからFAになっているイチロー(41)の獲得に向けて調査を行っているという。地元紙「マイアミ・ヘラルド」(電子版)が5日(日本時間6日)に伝えている。

 記事によれば、マーリンズは左打ちの外野手の補強に動いており、イチローを4人目の外野手としてリストアップしたという。

 マーリンズの外野陣は昨季の本塁打王で右翼のスタントンを筆頭に左翼でゴールドグラブ賞を受賞したイエリッチ、強肩の中堅手オズナと鉄壁の布陣だ。ダン・ジェニングスGMはイチローの守備力を評価し、主力が休養する際のバックアップとして最適と判断したようだ。

 イチローの本職である右翼のスタントンは昨年11月に米プロスポーツ史上最高額の13年総額3億2500万ドル(約390億円)で契約を延長したばかり。マーリンズとしてはスタントンに無理はさせられない。

 イチローはメジャー屈指の高給取りの控えとして起用されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る