• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打率そこそこでも戦力外 イチローを縛るヤ軍首脳の“処世術”

 10日(日本時間11日)のインディアンス戦に「8番・右翼」でスタメン出場し、3打数1安打1三振だったヤンキースのイチロー。1点を追う二回2死一塁で3球三振に倒れるなど相手の先発右腕カラスコ(27)の前に2タコだった。八回にリリーフ投手から左翼線への二塁打を放って4戦連続安打としたが、得点にはつながらなかった。
 
 そのイチロー(40)をウエーバーにかけたという現地8日(日本時間9日)の米紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版)の報道によって、ヤンキースが日本製安打製造機に「戦力外」の烙印を押していることが改めてわかった。

 7月31日のトレード期限を過ぎたいま、選手を放出するには他球団に保有権放棄を意味するウエーバーにかける必要がある。アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

「ヤンキースに中継ぎとのトレードを今後も模索したいという思惑があるのは事実です。あるいはアストロズとの商談メールが公になってしまった以上、しばらくの間、他球団も含めて交渉をしにくかったという側面はあるかもしれません。期限までに交渉が成立すれば、やっぱりイチローは最初からトレードに出すつもりだった、アストロズとの交渉は本当だったと認めることになる。情報漏洩という観点からも、ヤンキースにとってマイナスですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る