• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローと青木にも影響か オリオールズが強打外野手と合意

 日本人外野手2人の交渉に影響しそうだ。

 ボルティモアのスポーツ専門局「MASN」(電子版)が24日(日本時間25日)に報じたところによれば、オリオールズはデルモン・ヤング外野手(29)と1年300万ドル(約3億6000万円)で合意。週明けにもメディカルチェックが行われ、異常がなければ正式に発表される見込み。

 今季オリオールズでプレーしたヤングはメジャー通算9年間で打率2割8分3厘、107本塁打、550打点。今季、タイガースとの地区シリーズ第2戦では代打で起用され、決勝二塁打を放つなど勝負強いことで知られる。

 オリオールズといえば前ロイヤルズ・青木宣親(32)、前ヤンキース・イチロー(41)の移籍先として浮上していた。

 複数の米メディアによれば、今オフのオリオールズは左右両打者の外野手が補強ポイント。右打ちのヤングの残留が決まり、外野の残りは左打ちの1枠のみ。

 オリオールズは青木とイチローのどちらを取るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る