イチローと青木にも影響か オリオールズが強打外野手と合意

公開日:  更新日:

 日本人外野手2人の交渉に影響しそうだ。

 ボルティモアのスポーツ専門局「MASN」(電子版)が24日(日本時間25日)に報じたところによれば、オリオールズはデルモン・ヤング外野手(29)と1年300万ドル(約3億6000万円)で合意。週明けにもメディカルチェックが行われ、異常がなければ正式に発表される見込み。

 今季オリオールズでプレーしたヤングはメジャー通算9年間で打率2割8分3厘、107本塁打、550打点。今季、タイガースとの地区シリーズ第2戦では代打で起用され、決勝二塁打を放つなど勝負強いことで知られる。

 オリオールズといえば前ロイヤルズ・青木宣親(32)、前ヤンキース・イチロー(41)の移籍先として浮上していた。

 複数の米メディアによれば、今オフのオリオールズは左右両打者の外野手が補強ポイント。右打ちのヤングの残留が決まり、外野の残りは左打ちの1枠のみ。

 オリオールズは青木とイチローのどちらを取るか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る