日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

「直ドラ」練習はスイング完成度を高める

 先週のヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズはパトリック・リードがプレーオフ1ホール目でジミー・ウォーカーを破り、今季ツアー初優勝(ツアー通算4勝目)を飾った。

 最終日、首位タイ発進の松山英樹はスコアを3つ伸ばしながらも、通算20アンダーの3位タイで終わった。わずか1ストローク及ばずプレーオフ進出を逃したが、これからの活躍を大いに予感させてくれた。

 米ツアーを見ていると、どの選手も迫力満点のショットを見せてくれるが、パワーにものをいわせてボールを打っているわけではない。ヘッドの入り方、すなわち入射角が安定しているので、風が強いハワイでもショットが乱れないのだ。この点は我々アマチュアも大いに見習うべきポイントだ。

 では、どんな練習をすればヘッドの入射角が安定するのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事