世界4位まで1勝 メキシコOP4強錦織は優勝で世界3位も

公開日: 更新日:

 男子テニスのメキシコ・オープン(OP)は現地26日、準々決勝を行い、第1シードの錦織圭は第5シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(26=ウクライナ)と対戦した。

 第1セットの第1ゲームは、ジュースが6度の長いゲームになったが、ドルゴポロフのリターンがネットにかかり錦織がいきなりブレークした。第2ゲームをラブゲームでキープすると、その後は一進一退。第8ゲームを錦織はブレークされたが、第9ゲームをブレークバック。10ゲーム目も取り6-4とした。

 第2セットは2-2からの第5ゲームを錦織が相手のダブルフォールトや巧みなドロップショットでブレーク。
 5-4の第10ゲームはジュースにもつれるが、最後はドルゴポロフのリターンがネットにかかり、錦織がストレート勝ちした。

 準決勝の相手はケビン・アンダーソン。錦織は今大会、決勝に進出で世界4位に浮上することが確定。また優勝し、ナダルが現在行われているアルゼンチン・オープンで優勝できなかった場合、世界3位が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る