急成長ゆえの“難敵” 錦織圭を待ち受ける「抜き打ちドーピング」

公開日:  更新日:

 全豪オープンに出場している錦織圭(25)は昨26日の4回戦で世界ランク10位の強豪フェレール(32=スペイン)を相手にストレート勝ち。ワウリンカ(29=スイス)と対戦する準々決勝(28日)にコマを進めた。

 錦織の悲願ともいえるグランドスラム制覇まではまだ難敵揃いとはいえ、昨年9月の全米オープン(準優勝)に次ぐ、4大大会でのベスト8は想像以上に「価値」がある。

 今季初のグランドスラムでベスト8に進出したことで、今大会だけで360ポイント以上を獲得することが決まった。これはATP(男子プロテニス協会)の主催する「ツアー500」(優勝時に500ポイント獲得できる大会)の準優勝選手や「ツアー250」(同250ポイント)の優勝者に与えられる以上のポイント数だ。

 昨季は全豪で4回戦負けするなど、シーズン序盤に出遅れ、思うようにポイントを稼ぐことができなかった。初めてツアーファイナルには出場したものの、ツアー終盤に上位に進出して多くのポイントを稼がなければならない状況に追いこまれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る