• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャンプ打ち上げの広島 復帰黒田“晴れ晴れ顔”の真意

「ケガがなかったのが一番。やりたいことも、ある程度は出来ました」

 晴れ晴れした顔でこう言ったのが、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。

 2日、広島は12球団最後となるキャンプの打ち上げ。今キャンプで最も注目を集めたのが黒田であることは言うまでもないだろう。

 もっとも、ケガをしないのは当たり前。メジャー流を貫いているだけに、練習時間は朝10時のウオームアップから午後2時前後まで。練習後のクールダウンに最も時間を割いていたのだから、ケガのしようがない。

 かつての広島は練習量だけなら12球団随一。久々に日本球界に戻ってきた黒田が一抹の不安を抱いたとしてもおかしくない。そう考えれば、「ケガがない」のが一番の収穫というのも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る