キャンプ打ち上げの広島 復帰黒田“晴れ晴れ顔”の真意

公開日:  更新日:

「ケガがなかったのが一番。やりたいことも、ある程度は出来ました」

 晴れ晴れした顔でこう言ったのが、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。

 2日、広島は12球団最後となるキャンプの打ち上げ。今キャンプで最も注目を集めたのが黒田であることは言うまでもないだろう。

 もっとも、ケガをしないのは当たり前。メジャー流を貫いているだけに、練習時間は朝10時のウオームアップから午後2時前後まで。練習後のクールダウンに最も時間を割いていたのだから、ケガのしようがない。

 かつての広島は練習量だけなら12球団随一。久々に日本球界に戻ってきた黒田が一抹の不安を抱いたとしてもおかしくない。そう考えれば、「ケガがない」のが一番の収穫というのも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る