限定スタメンも 巨人高橋由に課せられる広島黒田“攻略担当”

公開日:  更新日:

 巨人が26日、約1カ月間の宮崎、沖縄春季キャンプを打ち上げた。原監督は「100%に近いくらい、それぞれがしっかり準備し、自覚もあった。自分の中で“野性味”を実行している」とこの人らしい独特の表現で総括。今季から打撃コーチ兼任となった高橋由伸(39)については「兼任になって選手としてもさらに良くなった」と目を細めた。

 とはいえ、開幕直後に40歳を迎える故障がちのベテランに、“一年通じてレギュラーを張れ”なんて酷な話。そんなことは原監督だって承知している。高橋由にしかできない仕事――。これを求めているというのだ。メジャーからの20億円のオファーを蹴り、米ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹(40)対策である。

■高橋由だけが黒田をカモに

 巨人は黒田の広島時代、通算17勝20敗と負け越している。最後の4年間は3勝13敗と抑えられたイメージしかない。原監督は先月の大学での講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろんカープ全体も、かなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意、強敵です」と興奮気味に話していた。そんな中、高橋由だけは119打数36安打、打率.303、13本塁打、31打点。1学年上の黒田を最もカモにしていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る