限定スタメンも 巨人高橋由に課せられる広島黒田“攻略担当”

公開日: 更新日:

 巨人が26日、約1カ月間の宮崎、沖縄春季キャンプを打ち上げた。原監督は「100%に近いくらい、それぞれがしっかり準備し、自覚もあった。自分の中で“野性味”を実行している」とこの人らしい独特の表現で総括。今季から打撃コーチ兼任となった高橋由伸(39)については「兼任になって選手としてもさらに良くなった」と目を細めた。

 とはいえ、開幕直後に40歳を迎える故障がちのベテランに、“一年通じてレギュラーを張れ”なんて酷な話。そんなことは原監督だって承知している。高橋由にしかできない仕事――。これを求めているというのだ。メジャーからの20億円のオファーを蹴り、米ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹(40)対策である。

■高橋由だけが黒田をカモに

 巨人は黒田の広島時代、通算17勝20敗と負け越している。最後の4年間は3勝13敗と抑えられたイメージしかない。原監督は先月の大学での講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろんカープ全体も、かなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意、強敵です」と興奮気味に話していた。そんな中、高橋由だけは119打数36安打、打率.303、13本塁打、31打点。1学年上の黒田を最もカモにしていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る