限定スタメンも 巨人高橋由に課せられる広島黒田“攻略担当”

公開日: 更新日:

 巨人が26日、約1カ月間の宮崎、沖縄春季キャンプを打ち上げた。原監督は「100%に近いくらい、それぞれがしっかり準備し、自覚もあった。自分の中で“野性味”を実行している」とこの人らしい独特の表現で総括。今季から打撃コーチ兼任となった高橋由伸(39)については「兼任になって選手としてもさらに良くなった」と目を細めた。

 とはいえ、開幕直後に40歳を迎える故障がちのベテランに、“一年通じてレギュラーを張れ”なんて酷な話。そんなことは原監督だって承知している。高橋由にしかできない仕事――。これを求めているというのだ。メジャーからの20億円のオファーを蹴り、米ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹(40)対策である。

■高橋由だけが黒田をカモに

 巨人は黒田の広島時代、通算17勝20敗と負け越している。最後の4年間は3勝13敗と抑えられたイメージしかない。原監督は先月の大学での講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろんカープ全体も、かなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意、強敵です」と興奮気味に話していた。そんな中、高橋由だけは119打数36安打、打率.303、13本塁打、31打点。1学年上の黒田を最もカモにしていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る