貫禄初登板も…広島黒田の武器を脅かす日本人打者の対応力

公開日: 更新日:

 これぞ黒田、という投球だった。

 25日、広島黒田博樹(40)が初めてフリー打撃に登板。3年目の鈴木誠、ドラ1ルーキーの野間とそれぞれ右打ち、左打ちの若手コンビに35球を投げた。変化球を主体に、安打性の打球は3~4本。前に飛んだ打球のほとんどが内野ゴロだった。

 これには畝投手コーチも「左に対してのカットは有効だね。いいボールを投げていた」と、満足げ。しかし、その黒田の武器は日本でも同じように通用するのか。

 昨季の黒田の球種の割合を見ると、ツーシーム(シンカー含む)が最も多い37.3%。カットボールを加えた、いわゆる「動くボール」が40%弱と投球の軸にしている。この日のフリー打撃を見る限り、日本でもそのスタイルは変わらないだろう。が、黒田のその最大の武器が日本では武器にならない、という声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る