貫禄初登板も…広島黒田の武器を脅かす日本人打者の対応力

公開日:  更新日:

 これぞ黒田、という投球だった。

 25日、広島の黒田博樹(40)が初めてフリー打撃に登板。3年目の鈴木誠、ドラ1ルーキーの野間とそれぞれ右打ち、左打ちの若手コンビに35球を投げた。変化球を主体に、安打性の打球は3~4本。前に飛んだ打球のほとんどが内野ゴロだった。

 これには畝投手コーチも「左に対してのカットは有効だね。いいボールを投げていた」と、満足げ。しかし、その黒田の武器は日本でも同じように通用するのか。

 昨季の黒田の球種の割合を見ると、ツーシーム(シンカー含む)が最も多い37.3%。カットボールを加えた、いわゆる「動くボール」が40%弱と投球の軸にしている。この日のフリー打撃を見る限り、日本でもそのスタイルは変わらないだろう。が、黒田のその最大の武器が日本では武器にならない、という声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る