シャルケ大健闘もCL敗退 内田篤人は途中出場で存在感示す

公開日: 更新日:

 日本代表DF内田篤人の欧州CLが終わった。所属するシャルケが、アウェーでのレアル・マドリード戦(日本時間11日早朝キックオフ)を4―3で試合には勝利したが、2試合合計4―5のスコアでベスト8入りを逃した。

 試合自体は、シャルケが番狂わせを起こしたと言っていい。しかし際立ったのは、レアルの大黒柱FWクリスティアーノ・ロナウドの勝負強さだった。

 シャルケが前半20分に先制した5分後に同点ヘッドを決め、前半40分にシャルケが2点目を挙げたと思ったら、やはり6分後に同点弾。突き放そうとするたびに出はなをくじく男。やはり希代のストライカーである。

 内田はスタメンから外れ、シャルケの右サイドの守備は、レアルの強力3トップ対策としてドイツ代表の身長187センチDFヘベデスに託された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る