“推薦人”に聞いた ハリルホジッチは日本サッカーに合うのか

公開日: 更新日:

 日本代表次期監督が決まった。9日、日本サッカー協会が常務理事会を都内で開き、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の前アルジェリア監督バヒド・ハリルホジッチ氏(62)を次期日本代表監督に推す技術委員会の提案が承認されたからだ。12日の理事会で正式に決まる。

 2月3日に前監督のハビエル・アギーレ氏(56)が解任された後、いろいろな候補者の名前が取り沙汰される中、5日後の8日に誰よりも早く「ハリルホジッチ」の名前を挙げたサッカージャーナリストがいた。サッカー専門サイト「フットボールチャンネル」に「気鋭の名将ハリルホジッチ 多彩な戦術を持つ情熱家」を寄稿した河治良幸氏だ。新監督は、果たして日本サッカーを救うのか? 聞き手はサッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏だ。

――河治さんはアギーレ氏が解任されたわずか5日後、その時点でどのメディアも名前を挙げていなかったハリルホジッチ氏を監督に推すコラムを書いた。あらためてその理由はなんだったのですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る