“推薦人”に聞いた ハリルホジッチは日本サッカーに合うのか

公開日:  更新日:

 日本代表次期監督が決まった。9日、日本サッカー協会が常務理事会を都内で開き、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の前アルジェリア監督バヒド・ハリルホジッチ氏(62)を次期日本代表監督に推す技術委員会の提案が承認されたからだ。12日の理事会で正式に決まる。

 2月3日に前監督のハビエル・アギーレ氏(56)が解任された後、いろいろな候補者の名前が取り沙汰される中、5日後の8日に誰よりも早く「ハリルホジッチ」の名前を挙げたサッカージャーナリストがいた。サッカー専門サイト「フットボールチャンネル」に「気鋭の名将ハリルホジッチ 多彩な戦術を持つ情熱家」を寄稿した河治良幸氏だ。新監督は、果たして日本サッカーを救うのか? 聞き手はサッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏だ。

――河治さんはアギーレ氏が解任されたわずか5日後、その時点でどのメディアも名前を挙げていなかったハリルホジッチ氏を監督に推すコラムを書いた。あらためてその理由はなんだったのですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る