“推薦人”に聞いた ハリルホジッチは日本サッカーに合うのか

公開日: 更新日:

 日本代表次期監督が決まった。9日、日本サッカー協会が常務理事会を都内で開き、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の前アルジェリア監督バヒド・ハリルホジッチ氏(62)を次期日本代表監督に推す技術委員会の提案が承認されたからだ。12日の理事会で正式に決まる。

 2月3日に前監督のハビエル・アギーレ氏(56)が解任された後、いろいろな候補者の名前が取り沙汰される中、5日後の8日に誰よりも早く「ハリルホジッチ」の名前を挙げたサッカージャーナリストがいた。サッカー専門サイト「フットボールチャンネル」に「気鋭の名将ハリルホジッチ 多彩な戦術を持つ情熱家」を寄稿した河治良幸氏だ。新監督は、果たして日本サッカーを救うのか? 聞き手はサッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏だ。

――河治さんはアギーレ氏が解任されたわずか5日後、その時点でどのメディアも名前を挙げていなかったハリルホジッチ氏を監督に推すコラムを書いた。あらためてその理由はなんだったのですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る