ハリル氏新監督内定 早くも気になる代表チーム「組閣人事」

公開日:  更新日:

 アルジェリア代表を率いてブラジルW杯16強のバヒド・ハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)の日本代表監督就任が秒読み段階となった。

 母国(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の3日付ドネブニ・アバズ紙に、日本からの招聘について初めて口を開き「ノーコメント。3月中旬までに全てが分かる」と語ったものの、すでに日本サッカー協会の霜田強化担当技術委員長が渡欧し、細かい条件について詰めているという。大仁会長も「大丈夫と思う」とハリルホジッチ氏招聘に自信を示している。

 すでに注目は、「どんな組閣人事を行うか」に集まっている。

 これまでの外国人監督は、たとえばジーコ監督は実兄エドゥー氏を筆頭に脇を母国ブラジル人で固め、サッカー協会幹部が「日本人指導者もコーチに加えて欲しい」と要求しても受け入れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る