ハリル氏新監督内定 早くも気になる代表チーム「組閣人事」

公開日: 更新日:

 アルジェリア代表を率いてブラジルW杯16強のバヒド・ハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)の日本代表監督就任が秒読み段階となった。

 母国(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の3日付ドネブニ・アバズ紙に、日本からの招聘について初めて口を開き「ノーコメント。3月中旬までに全てが分かる」と語ったものの、すでに日本サッカー協会の霜田強化担当技術委員長が渡欧し、細かい条件について詰めているという。大仁会長も「大丈夫と思う」とハリルホジッチ氏招聘に自信を示している。

 すでに注目は、「どんな組閣人事を行うか」に集まっている。

 これまでの外国人監督は、たとえばジーコ監督は実兄エドゥー氏を筆頭に脇を母国ブラジル人で固め、サッカー協会幹部が「日本人指導者もコーチに加えて欲しい」と要求しても受け入れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  9. 9

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  10. 10

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

もっと見る