経歴は断トツ 「ハリルホジッチ監督は掘り出し物」は本当か

公開日:  更新日:

 日本サッカー協会技術委員会の霜田正浩委員長が4日、次期日本代表監督に内定しているハリルホジッチ(62)と交渉したフランスから帰国した。

 待ち構えたメディア陣に「まだ何もしゃべれません」と対応した霜田委員長。それでも「いつ話せるのか?」には「そろそろ」とコメント。近日中に発表され、12日のサッカー協会理事会で正式承認される運びである。

 ブラジルW杯でアルジェリア代表を率いたハリルホジッチは、かの地で旋風を巻き起こした。

 1次リーグ初戦でベルギーに敗れたが、2戦目は韓国を4-2で一蹴した。「引き分けで決勝トーナメント進出」のロシア戦は1-1できっちりドロー決着。決勝トーナメント1回戦では優勝したドイツに延長の末、逃げ切られたが、4DFと5DFを柔軟に使い分け、堅守から鋭いカウンターを何度も仕掛けてドイツを苦しめた。GKノイアーの勇猛果敢な飛び出しや好セーブがなければ、ドイツは優勝にたどり着けなかったハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る