経歴は断トツ 「ハリルホジッチ監督は掘り出し物」は本当か

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会技術委員会の霜田正浩委員長が4日、次期日本代表監督に内定しているハリルホジッチ(62)と交渉したフランスから帰国した。

 待ち構えたメディア陣に「まだ何もしゃべれません」と対応した霜田委員長。それでも「いつ話せるのか?」には「そろそろ」とコメント。近日中に発表され、12日のサッカー協会理事会で正式承認される運びである。

 ブラジルW杯でアルジェリア代表を率いたハリルホジッチは、かの地で旋風を巻き起こした。

 1次リーグ初戦でベルギーに敗れたが、2戦目は韓国を4-2で一蹴した。「引き分けで決勝トーナメント進出」のロシア戦は1-1できっちりドロー決着。決勝トーナメント1回戦では優勝したドイツに延長の末、逃げ切られたが、4DFと5DFを柔軟に使い分け、堅守から鋭いカウンターを何度も仕掛けてドイツを苦しめた。GKノイアーの勇猛果敢な飛び出しや好セーブがなければ、ドイツは優勝にたどり着けなかったハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る