記録分析のプロ解説 黒田が米で勝ち越せなかった2つの理由

公開日: 更新日:

 黒田博樹広島)はメジャー7年間で211試合に先発しているが、同期間で200先発以上は21人しかいない。メジャーは30球団だから黒田の頑丈さはすこぶる高い評価なのだ。

 最近5年間すべてが30先発以上。故障知らず。いつしかエースとみなされヤンキースの選手間ではイチローよりも尊敬を集めていた。QS(クオリティースタート。先発して6回以上、3自責点以下)の103試合は9位。僕はNHKラジオで評論するたび黒田の優秀さを訴え続けた。年齢リスクがなければヤンキースは年30億円の複数年契約を提示しただろう。

 メジャー通算79勝右腕もことし2月で40歳になった。結局約20億円の単年提示にとどまり、黒田はそれを蹴って古巣の広島へ復帰する道を選んだ。野茂英雄に続く、日本人投手として2人目のメジャー通算100勝をあきらめてしまった。

 残り21勝が遠く感じられたのには理由がある。黒田が登板する試合に限って、野手が打ってくれないのだ。最近5年間で援護が2点以下だった試合が登板の約4割。先発160のうち63試合に上り、両リーグでヘルナンデス(マリナーズ)の65試合に次いで多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る