• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

記録分析のプロ解説 黒田が米で勝ち越せなかった2つの理由

 黒田博樹(広島)はメジャー7年間で211試合に先発しているが、同期間で200先発以上は21人しかいない。メジャーは30球団だから黒田の頑丈さはすこぶる高い評価なのだ。

 最近5年間すべてが30先発以上。故障知らず。いつしかエースとみなされヤンキースの選手間ではイチローよりも尊敬を集めていた。QS(クオリティースタート。先発して6回以上、3自責点以下)の103試合は9位。僕はNHKラジオで評論するたび黒田の優秀さを訴え続けた。年齢リスクがなければヤンキースは年30億円の複数年契約を提示しただろう。

 メジャー通算79勝右腕もことし2月で40歳になった。結局約20億円の単年提示にとどまり、黒田はそれを蹴って古巣の広島へ復帰する道を選んだ。野茂英雄に続く、日本人投手として2人目のメジャー通算100勝をあきらめてしまった。

 残り21勝が遠く感じられたのには理由がある。黒田が登板する試合に限って、野手が打ってくれないのだ。最近5年間で援護が2点以下だった試合が登板の約4割。先発160のうち63試合に上り、両リーグでヘルナンデス(マリナーズ)の65試合に次いで多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る