広島“黒田フィーバー”逃し…今季交流戦でパ3球団が大打撃

公開日:  更新日:

 先日行われたパの営業担当者の会合。出席した関係者によれば、楽天の担当者がブツブツ不満を漏らしていたという。

「今季から日程が変わった交流戦のことです。『ウチとロッテさん、日本ハムさんは完全にババを引いてしまいましたね。大打撃ですよ』と」(パの某関係者)

 昨年までの交流戦はホーム&ビジター方式を採用。おのおののチームが平等に本拠地2試合、敵地2試合を行う24試合制だった。ところが、数年前からセ側は「2連戦が続く24試合制では移動日が多く間延び感がある」と試合数削減を提案。昨年8月の12球団代表者会議でその主張が認められたことから、今季は「各カード3試合。1年ごとに主催球場をホームとビジターで入れ替える」という18試合制への変更が決まった。

■広島戦の集客は来年も期待できる?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る