日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「初球ストライク」に日米差 広島黒田の39球見た評論家指摘

「あっという間に追い込まれた。術中にハマった」

 ヤクルトの中村はこう言って唇を噛んだ。

 8日のヤクルト戦で、広島の黒田博樹(40)がオープン戦初登板。五回途中までパーフェクトに抑えた。特筆すべきは球数だ。打者13人に対してたったの39球。初回は5球、時間にしてわずか1分で打者3人を仕留めた。

「39球のうちボール球はたった9球。ストライク率は実に77%。ストライク先行で自らリズムをつくっていた」(ライバル球団のスコアラー)

 登板後、「どんどんストライクゾーンで勝負して打者にプレッシャーをかけていければいいと思った」と振り返った黒田に、緒方監督は「鳥肌が立つほど素晴らしい。米国でどれだけの経験を積んできたのかと思い知らされた」と大絶賛だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事