選手は感化、球団ウハウハ 広島黒田が生み出す“莫大な効果”

公開日: 更新日:

 スタンドは真っ赤に染まり、万雷の黒田コールで球場が揺れた。29日のヤクルト戦。大歓声を受けてマウンドに上がった黒田博樹(40)が8年ぶりの復帰初戦で貫禄の投球を見せた。

 7回5安打無失点。ストライクゾーン中心にボールを動かす持ち前の投球で凡打の山を築いた。

「これだけの声援を受けて、マウンドで結果が出てホッとした。体が続く限りチームのためにやっていきたい」

 こう語ったメジャー帰りのベテランは入念に準備を重ねていた。28日の試合前、前田からヤクルト打線について情報収集。前田が登板した開幕戦をテレビでチェックし、「持っている球種は違うが、彼は打者の反応を見ながら投げられる。去年までの対戦経験があるので参考にしたかった」と説明した。広島OBは「昨年の対ヤクルト戦での前田の投球に加え、巨人の菅野の投球も参考にしたと聞いた」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  8. 8

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

もっと見る