• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

選手は感化、球団ウハウハ 広島黒田が生み出す“莫大な効果”

 スタンドは真っ赤に染まり、万雷の黒田コールで球場が揺れた。29日のヤクルト戦。大歓声を受けてマウンドに上がった黒田博樹(40)が8年ぶりの復帰初戦で貫禄の投球を見せた。

 7回5安打無失点。ストライクゾーン中心にボールを動かす持ち前の投球で凡打の山を築いた。

「これだけの声援を受けて、マウンドで結果が出てホッとした。体が続く限りチームのためにやっていきたい」

 こう語ったメジャー帰りのベテランは入念に準備を重ねていた。28日の試合前、前田からヤクルト打線について情報収集。前田が登板した開幕戦をテレビでチェックし、「持っている球種は違うが、彼は打者の反応を見ながら投げられる。去年までの対戦経験があるので参考にしたかった」と説明した。広島OBは「昨年の対ヤクルト戦での前田の投球に加え、巨人の菅野の投球も参考にしたと聞いた」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る