選手は感化、球団ウハウハ 広島黒田が生み出す“莫大な効果”

公開日: 更新日:

 スタンドは真っ赤に染まり、万雷の黒田コールで球場が揺れた。29日のヤクルト戦。大歓声を受けてマウンドに上がった黒田博樹(40)が8年ぶりの復帰初戦で貫禄の投球を見せた。

 7回5安打無失点。ストライクゾーン中心にボールを動かす持ち前の投球で凡打の山を築いた。

「これだけの声援を受けて、マウンドで結果が出てホッとした。体が続く限りチームのためにやっていきたい」

 こう語ったメジャー帰りのベテランは入念に準備を重ねていた。28日の試合前、前田からヤクルト打線について情報収集。前田が登板した開幕戦をテレビでチェックし、「持っている球種は違うが、彼は打者の反応を見ながら投げられる。去年までの対戦経験があるので参考にしたかった」と説明した。広島OBは「昨年の対ヤクルト戦での前田の投球に加え、巨人の菅野の投球も参考にしたと聞いた」とこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る