控えも腐らず好機に適時打 田中浩「トレード要員」からの逆襲

公開日:  更新日:

「今は試合に出ることが当たり前ではない。毎日が必死。仕事があるということが喜びです」

 ヤクルト田中浩康(32)が久々に上がったお立ち台。今季に野球人生を懸けるベテランの言葉に実感がこもった。

 8日の中日戦。延長十回2死満塁の好機で打席が回ってきた。4日前に頭部死球を受けて途中退場。その影響を微塵も感じさせず、中日・浅尾の直球を踏み込んで左前にはじき返すと、右手人さし指を天に突き上げて一塁ベースを回った。

 チームの主将に指名された13年から成績は右肩下がり。山田哲の台頭で二塁のポジションを奪われ、昨季は77試合の出場にとどまった。今年で33歳。オフにはトレード要員に挙がった。真中新監督から勧められ、今季は経験のない外野にも挑戦。失った出場機会を少しでも取り戻すため、キャンプから泥にまみれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る