ヤクルト 助っ人競争激化でバレンティン「二軍スタート」も?

公開日: 更新日:

 助っ人勢が存在をアピールした。

 巨人とのオープン戦に連勝したヤクルト。28日の初戦はミレッジ(29)が菅野から特大の本塁打を放つなど2安打2打点。抑え候補のオンドルセク(30)も1回無失点と順調な仕上がりを見せると、1日の試合では、ロマン(36)が2回無失点と一軍入りをアピールした。

 2日には、昨オフ左足アキレス腱を手術したバレンティン(30)が来日予定。これで助っ人が勢ぞろいするわけだが、浮上するのが外国人枠の問題である。

「当初はバレンティンに加えて、オンドルセク、バーネットの両右腕で3席、残る1席をミレッジとロマンが争うことが想定されていた。ただ、昨年右肩手術をしたミレッジは、3月中にも外野を守ってゲームに出る予定で、開幕に間に合う可能性が出てきた。そのうえ右腕のロマンもここまで結果を残し続けている。2人ともやれると判断できれば、誰を一軍に残すかを決めることが難しくなってくるわけです」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る