現在借金1 阪神「開幕15試合で勝ち越し」が“至上命題”の理由

公開日:  更新日:

 あと1つしか負けられなくなった。

 阪神は8日のDeNA戦に完敗で3カード連続の負け越し。連敗を4とし、開幕11試合で借金1となった。岡田元監督はスポーツ紙のコラムで「とにかく今週で何とか貯金していくことやな」と語っていたが、実はその言葉には深い意味がある。

 プロ野球は12日のゲームが終われば、同一リーグの対戦が一回りする。阪神の過去10年における開幕15試合の成績を見ると、意外にも負け越したのは09年(6勝8敗1分け)のみ。その年の最終順位は4位だった。

 15試合で8勝以上あげた年は5回(05、08、10、12、14年)あり、Bクラスは12年(5位)だけ。ただし、この12年は全球団とも前年に導入された飛ばない「統一球」の影響をモロに受け、チーム打率が12球団トップだったのはヤクルトの.260。異常な年だった。最後まで飛ばない公認球に対応できなかった阪神の411得点は12球団最少。同年のデータは度外視してもいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る