現在借金1 阪神「開幕15試合で勝ち越し」が“至上命題”の理由

公開日:  更新日:

 あと1つしか負けられなくなった。

 阪神は8日のDeNA戦に完敗で3カード連続の負け越し。連敗を4とし、開幕11試合で借金1となった。岡田元監督はスポーツ紙のコラムで「とにかく今週で何とか貯金していくことやな」と語っていたが、実はその言葉には深い意味がある。

 プロ野球は12日のゲームが終われば、同一リーグの対戦が一回りする。阪神の過去10年における開幕15試合の成績を見ると、意外にも負け越したのは09年(6勝8敗1分け)のみ。その年の最終順位は4位だった。

 15試合で8勝以上あげた年は5回(05、08、10、12、14年)あり、Bクラスは12年(5位)だけ。ただし、この12年は全球団とも前年に導入された飛ばない「統一球」の影響をモロに受け、チーム打率が12球団トップだったのはヤクルトの.260。異常な年だった。最後まで飛ばない公認球に対応できなかった阪神の411得点は12球団最少。同年のデータは度外視してもいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る