• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現在借金1 阪神「開幕15試合で勝ち越し」が“至上命題”の理由

 あと1つしか負けられなくなった。

 阪神は8日のDeNA戦に完敗で3カード連続の負け越し。連敗を4とし、開幕11試合で借金1となった。岡田元監督はスポーツ紙のコラムで「とにかく今週で何とか貯金していくことやな」と語っていたが、実はその言葉には深い意味がある。

 プロ野球は12日のゲームが終われば、同一リーグの対戦が一回りする。阪神の過去10年における開幕15試合の成績を見ると、意外にも負け越したのは09年(6勝8敗1分け)のみ。その年の最終順位は4位だった。

 15試合で8勝以上あげた年は5回(05、08、10、12、14年)あり、Bクラスは12年(5位)だけ。ただし、この12年は全球団とも前年に導入された飛ばない「統一球」の影響をモロに受け、チーム打率が12球団トップだったのはヤクルトの.260。異常な年だった。最後まで飛ばない公認球に対応できなかった阪神の411得点は12球団最少。同年のデータは度外視してもいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る