• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4勝1敗首位快走の阪神 「梅野と松田は課題多い」とOB指摘

 和田監督も同点を覚悟したに違いない。

 1日のヤクルト戦。2-1で迎えた八回1死一、二塁で打席はヤクルトの川端。右翼への打球はグングン伸びてフェンスに直撃。タイムリーかと思ったら、二走の荒木のスタートが遅れ、本塁でタッチアウト。阪神はこの回を無失点で切り抜けると、最後は呉昇桓が締めて接戦を制した。

 これで4勝1敗。開幕直後とはいえ首位快走。マスコミ関係者は相好を崩してこう言う。

「右翼の福留は川端の打球を捕りますよ、という感じでフェンスに当たる直前まで目を離さなかった。このトリックプレーに荒木がまんまとダマされたね。岩本の力投もあったにせよ、左翼ユウイチの失策から2得点を挙げるなど、相手がミスをして自滅してくれた。阪神は開幕カードの中日3連戦で3連勝したが、2戦目の延長サヨナラ勝ち以外は、先制された後に中日の投手が崩れて勝ちが転がり込んできたといっていい。本当にツイてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る