4勝1敗首位快走の阪神 「梅野と松田は課題多い」とOB指摘

公開日:  更新日:

 和田監督も同点を覚悟したに違いない。

 1日のヤクルト戦。2-1で迎えた八回1死一、二塁で打席はヤクルトの川端。右翼への打球はグングン伸びてフェンスに直撃。タイムリーかと思ったら、二走の荒木のスタートが遅れ、本塁でタッチアウト。阪神はこの回を無失点で切り抜けると、最後は呉昇桓が締めて接戦を制した。

 これで4勝1敗。開幕直後とはいえ首位快走。マスコミ関係者は相好を崩してこう言う。

「右翼の福留は川端の打球を捕りますよ、という感じでフェンスに当たる直前まで目を離さなかった。このトリックプレーに荒木がまんまとダマされたね。岩本の力投もあったにせよ、左翼ユウイチの失策から2得点を挙げるなど、相手がミスをして自滅してくれた。阪神は開幕カードの中日3連戦で3連勝したが、2戦目の延長サヨナラ勝ち以外は、先制された後に中日の投手が崩れて勝ちが転がり込んできたといっていい。本当にツイてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る